市町村保健師の給料ってどうなっているの?

市町村保健師は地方公務員扱いなので、給料も公務員の規定によります。年収にすると、約300〜400万というところでしょうか。もちろん、地域によって年収も異なるので、この金額はあくまでも参考としてとらえてください。保健師の場合、看護師と比べると若干給料が低くなります。

 

それは、時間外手当(夜勤手当)がないためです。残業手当がつくこともありますが、基本的に公務員の仕事には長時間の残業はありません。一方、看護師の場合は夜勤もありますし、時には休日出勤もあります。日々の業務でも、残業が課せられることもあるでしょう。そうした手当があるため、保健師よりも給料は高めになります。

 

また、保健師には市町村保健師のほか、民間の施設で働く保健師もいます。民間の保健師と市町村保健師を比べた場合でもまた、給料には違いが出てきます。市町村保健師の給料自体が特別高いという訳ではありませんが、福利厚生の充実や休暇の取りやすさと言った利点はあります。ボーナスなども含めて、給料は手厚いと言えるでしょう。