市町村保健師のやりがいって何?

仕事をするうえで大切なことはたくさんあります。その中でも、自分が仕事に対して「やりがい」を持てるかどうか。これはとても重要なことではないでしょうか。では、市町村保健師のやりがいとはなんでしょう。それは何と言っても、地域の住民と接しながら悩みを解決し、感謝されることにあるのではないかと思います。

 

小さな子供を抱えている家庭では育児相談にのったり、高齢者からは自身の健康相談を持ちかけられたり。地域住民が持つ悩みに答えられたときというのが、市町村保健師にとってやりがいを感じるときだと思います。しかし、中には思うように仕事ができなかったり、保健師とは関係ない雑務ばかりをやっていることに不満を持つ方もいるでしょう。

 

また、前職が看護師で保健師の資格を取り、転職してきた方の場合、働き方の違いにギャップを感じ、ストレスをためてしまうこともあります。身近な場所で保健師の相談相手を作っておくのも、やりがいを見出すために大切なことです。